よくあるご質問

表皮効果とは?

回答

交流電流が導体を流れるとき、電流密度が導体の表面で高く、表面から離れると低くなる現象のことである。周波数が高くなるほど電流が表面へ集中するので、導体の交流抵抗は高くなる。

採用例

各種ダウンロード

該当製品/問い合わせ先