よくあるご質問

耐雷変圧器

回答

耐雷変圧器ついて以下にまとめさせて頂きます。

採用例

絶縁タイプ・放流タイプ

弊社耐雷変圧器は、入力側(一次)~接地間にアレスタが挿入せず変圧器の絶縁で雷サージに耐える絶縁タイプを標準としております
絶縁タイプは、接地電位上昇時にアレスタによる放流がないため電源機器や他の需要家への雷サージ電流が流れことがないです。
また、1点接地のため接地工事がしやすいメリットがございます。
幅広い要望にお答えできる様、入力側(一次)~接地間にアレスタが挿入された放流タイプの製作も可能です。

コモンモード(平衡)サージとは

コモンモード(平衡)サージは、電路と接地間に生じる過電圧(サージ)です。

コモンモードのサージ移行率とは

入力側(一次)から侵入した雷サージを出力側(二次)で減衰する大きさです。
当社の耐雷変圧器は、コモンモード(平衡)において、-60dB(1/1000)以下で雷サージから機器を守ります。

 

雷インパルス耐電圧とは

弊社標準の耐雷変圧器は、JEC-0202による標準インパルス電圧波形(1.2/50μs)の耐電圧となります。

入力~出力、接地間は、30kV(1.2/50μs)
出力~入力、接地間は、10kV(1.2/50μs)

絶縁耐力とは

弊社標準の耐雷変圧器は、JEC-2200において、短時間交流耐電圧の設計です。

入力~出力、接地間は、AC10kV(1分間)
出力~入力、接地間は、AC3kV(1分間)

一般の乾式変圧器より高い耐力となります。

各種ダウンロード

該当製品/問い合わせ先