環境配慮型製品

環境配慮型製品の拡大への取り組み

東洋電機グループでは、環境負荷低減効果の高い「環境配慮型製品」の充実への取り組みを行っています。
開発段階から多項目の環境製品アセスメント(評価)を実施し、「省資源・省エネルギー」「再資源化(リユース・リサイクル)」「長期使用性」「環境保全性(有害化学物質管理)」「環境情報の提供」「包装材」などの評価基準をすべて満たした製品を環境配慮型製品に認定しています。
なお、REACH規則(※1)、RoHS指令(※2)への対応については、管理システムを導入し、化学物質管理を実施しています。

※1:REACH規則
化学品の登録、評価、認可に関するEUの規則。一定量以上の化学物質を扱う企業は、当該物質の特定や危険性に関する情報の登録などが義務づけられる。2007年 6月1日から施行されています。

※2:RoHS指令
EUの有害物質使用制限指令(2006年7月より鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、臭素系難燃剤(PBB、PBDE)の6種類の化学物質を指定値以上含有した電気・電子機器製品の販売がEU域内で禁止される)

グローバルな製品環境規制に対応するため、グループグリーン調達基準書を改定しました。より安全・安心な製品を提供するとともに、取引先や消費者の要求に対しても製品を安全に使用するための十分な情報提供を行っていきます。また、法律で要求されたリスク評価に基づき、外部調達先の環境監査やハイリスク品に対する分析等も実施しています。

環境配慮型製品の事例

アモルファス乾式変圧器

環境・省エネルギーに配慮したグリーン化対応のトップランナー的存在の変圧器です。鉄心にはアモルファスコアを採用。

写真:アモルファス乾式変圧器